カジュアル・ファッションって何?その特徴を紹介します。

雑誌やメディアの様々な場面で使われるカジュアル、またはカジュアル・ファッションという言葉。
皆さんも一度は聞いたことがあるはずです。
ファッションにおいては基本的な服装とされていますがどんな特徴を指すのか意外に知らない方が多いんです。
そこで今回はカジュアル・ファッションの特徴や派生について解説していきます。

・カジュアル・ファッションの特徴

カジュアル・ファッションとは日常的なコーデを指す言葉で
カジュアルは日常、又は、くだけたという意味合いを含んでいます。
同ファッションの特徴はずばり動きやすいことと通気性などが優れていること、
言ってしまえば生活しやすい服装ということになります。

そのためTシャツ、デニムジーンズ、シューズなどの単純な組み合わせでもカジュアル・ファッションと言えます。
幅広い範囲を指す言葉でもあるので、イギリス・カジュアル、イタリアン・カジュアル、
アメリカン・カジュアルなど多数の派生系や方向性が生まれています。
日本では渋谷カジュアル、通称”渋カジ”としてアメリカ由来のアイテムや
ブランド物から作られるカジュアル・スタイルの流行もありました。

カジュアルはあくまでも街遊びや外出時のスタイルなので
あまりにくだけすぎたりすると、だらしない印象になってしまうのが注意しておきたいポイント。
どこまでが部屋着か、どこからがカジュアル・ファッションなのかよく考えてコーデをしましょう。

またカジュアル・ファッションの反対方向の言葉にドレススタイルがあります、
こちらはスーツ、もしくはそれと同等の品格を求めるという性質が特徴的です。
このドレススタイルの際も一部カジュアルアイテムを扱いその印象の堅さを和らげたりします。
こうしたようにカジュアル・ファッションはどのファッション、どのスタイルにも多少組み込んであることが多いです。

近年の流行としては、カジュアルではないもの(アウトドア、サーフなどの非日常系)や仕事着、作業服を
カジュアル・ファッションとして扱ったりなど解釈や考え方を今までと変えたスタイルが登場しています。
・カジュアルファッションの派生

前項で多少触れましたがカジュアルファッションの派生はかなり多くそれぞれ特色も違います。
いくつか簡単にまとめてみましたのでコーデの参考にしてみてください。
アメカジ:アメリカン・カジュアルの略。アメリカの若者や大衆に受け入れられたものを指すため
使用されるアイテムもアメリカ文化に合いやすいものが多い。ストリート系、パンク、ヒップホップにも派生。

サーフ系:アメリカ西海岸の文化を表したとされるスタイル。名前の通りサーファーの格好がルーツ。
陸サーファーと称されるスタイルだけを真似た人達から広まった経緯があるのでカジュアル・ファッションに分類。
スウェットパンツ、ハーフパンツ、発色の良いTシャツなど、空や海に映える爽やかなアイテムを使うのが特徴。
渋カジ:渋谷カジュアルの略。アメカジの流行アイテムやブランドアイテムを扱ったスタイル。
そのため使用されるアイテムはスタジャン、デニム、パイロットコートなど。

キレカジ:キレイめカジュアルの略、またはそのような方向性。金ボタンやジャケット類などを扱うので
品格、格式が高めなのが特徴。渋カジと一部被る部分も。

イタリアン・カジュアル:品格、大人っぽさを感じさせるスタイル。ブランド物、オーダーメイド品なども日常的に扱う。
イギリス・カジュアルと同様にスーツ系アイテムをカジュアルシーンに使うのがポイント。

イギリス・カジュアル:チェック柄など模様を効果的に使うのが特徴。ベストなどで重ね着をすることも多い。
全体的にパリッとした印象を持つスタイル。ブレザーやスーツ系アイテムを使ったスタイルはトラッドとも言う。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*